過去の運営URLに合わせる事が大事

過去の運営URL 表示例

検索エンジンはwwwあり、無しを別URLとして認識します。
過去の運営URLに合わせなければ中古ドメインの優位性を引き継ぐことは出来ません。

当サイトで販売しているドメインはwww込み、
無しでのバックリンクドメイン数より比較・推測し過去の運営URL情報を公開しています。

 

バックリンク資産の活用

wwwの込み、無しだけに限らず、
過去に存在していたサブページ、サブドメインに対してバックリンクが付いている場合があります。
このリンクジュースを損なう事は損失ですので、しっかりと回収するようにしましょう。

「外部評価を獲得しているサブページ」はドメインの詳細情報ページに一覧化しております。
gSPと、表示されている数値は「外部評価を獲得しているサブページ」の総数となります。

これらの情報を元にサブページのURLを復元したり、
301リダイレクトにより、バックリンク資産を回収していきます。

 

URLの正規化(www込み無し/indexファイル)

www込み、www無し、index.html等。
同じページの複数URLに付いているリンクジュースを一つのURLにまとめてしまいましょう。

.htaccessによる正規化
.htaccessファイルにより、過去の運営URLに301リダイレクトを行い正規化を行います。

URLの正規化については下記のブログ記事がわかりやすいです。
.htaccessを使ってURLを正規化する方法 | KA Partner

WordPressの場合
WordPress アドレス (URL)に設定したURLに自動的に正規化されます。この値の初期値は、WPインストール時にアクセスしているURLで登録されますので、 インストール画面を表示する際、過去の運営URL(www込みなら込みのURL)でアクセスするとスムーズです。

 

外部評価を獲得しているサブページURLの活用

バックリンクが付いている、ソーシャル共有されているサブページのURLを活用しましょう。

[活用方法/その1] URLを復元する
最も望ましい形です。
同じURL構造を再現し、ページを設置します。

[活用方法/その2] 301リダイレクトで存在するページに飛ばす。
やや強引な方法です。
全てトップページに301リダイレクトする方法が最も簡単ですが、最も強引です。(非推奨)[参考]
中間策として、旧URL1件→新URL1件と言った形で個々に301リダイレクトを行うと言う形もありです。
WordPressで301リダイレクトを行う場合、Redirectionプラグインが便利です。

サイトリニューアル時の301リダイレクト、.htaccess記述方法いろいろ

 

.htaccessファイル(サンプル)の提供

ご購入いただいたドメイン用の.htaccessファイルをご提供いたしております。
過去の運営URLに合わせた正規化が行えるファイルとなりますので、
正規化について良くわからない方はこちらのファイルをご利用頂ければと思います。

  • 過去の運営URLに合わせた正規化(www込み無し/indexファイル)

サブページに付いているリンクのケアは個別に行う必要がございますので、
上記『外部評価を獲得しているサブページURLの活用』を参考にご対応下さい。

購入ドメイン専用の.htaccessファイルのご利用方法

  • ユーザーページ」より、購入ドメインを検索する。
  • [HT]リンクをクリックし、ファイル(htaccess.txt)をダウンロードする。
  • htaccess.txtをサーバーにアップロードし、ファイル名を(.htaccess)に変更する。
  • [注意] アップロード先はサイトデータをアップするディレクトリ
  • [注意] 提供する.htaccessは各ドメイン専用です。複数のドメインで使いまわす事はできません。

この.htaccessファイルのサンプルはmod_rewriteを使用致しております。
大よそのレンタルサーバーでは使用できるかと思いますが、
使えない場合は正規化・301リダイレクト等機能致しませんのでご了承願います。

 
初めてご利用の方へ カテゴリ一覧 ドメイン検索
記事作成・サグーワークスに依頼
在庫数量

   販売中: 3777 (UD=832)
 プレミアム: 64
オークション: 0
    抽選: 0
    値引: 1

 
過去7日以内の追加ドメインはこちら
カテゴリ一覧
セレクトロボはこちら
プレミアムドメイン名はこちら
アクティブユーザー

1

 
記事外注・Shinobiライティングに依頼