中古ドメインを使えば上位表示できる?

当サイトでは中古ドメインによるSEO効果を保障致しておりません。
また中古ドメインは1件1件違いがあり、必ずしも全てのドメインがSEOで成果を残せるわけではありません。

設置するサイトの内容が過去の運営サイトとジャンル(言語違いも含む)が異なる場合、一切の外部対策も無しに上位表示をする事は困難でしょう。
言語・キーワードで一致していた場合は外部対策無しで上位表示を達成できる場合があります。

 

中古ドメインの効果的な使い方は?

サテライトサイト利用
上位表示を狙うメインサイトと同ジャンルのコンテンツを設置し、サテライトサイトとして使用する。
既にバックリンクを受けている中古ドメインはメインサイトに強いリンクジュースを流し込むことができます。

アフィリエイトサイトの量産に利用
アフィリエイトサイトの量産に使用する。
また、合わせてサテライトサイトとしても活用する。

上記の2件が一般的に多く見られる中古ドメインの使い方となります。
中古ドメインの使用はリスクのある手法ですので、
メインサイト等の重要性の高いサイトの作成には使用する事はお勧め致しておりません。

 

中古ドメインと新規ドメインの違いは?

中古ドメインとはあくまでも俗称であり、中身は独自ドメインと同じものでございます。
過去に使用歴がある独自ドメインが中古ドメインと呼ばれる物です。

従いまして、管理方法が異なったり、操作方法が特別といった事は一切ございません。
ただ、既に取得済みのドメインをお引渡しいたしますので、ドメインの有効期限は消化されている状態となります。

 

ドメインがIndexされない事はありますか?

弊社で扱っているドメインはIndex削除ペナルティを受けていない事を確認してから販売致しております。
Index削除ペナルティを受けていたドメインは販売致しておりませんので、ご安心下さい。

しかしながら、ご購入後に設置されるサイトの内容によっては、
Index削除ペナルティを受ける可能性がありますのでご注意下さい。(自動生成、コピーコンテンツなど)

 

</a>購入ドメインは販売リストから削除されますか?</li>

はい、削除されます。

ご注文が入った時点で販売リストより削除となります。

 

ネームサーバーを変更したのに過去のページが表示され続けます。

ネームサーバーは正常に変更できていますか?

VALUE-DOMAIN (ネームサーバー変更手順)

  • VALUE-DOMAINにログイン
  • ユーザーコントロールパネルのドメイン操作よりネームサーバーの変更の選択
  • 管理ドメインの一覧が表示されますので、ネームサーバーを変更するドメインを選択
  • ネームサーバー情報を上書きし、保存するをクリック

ULTRA-DOMAIN (ネームサーバー変更手順)

  • VALUE-DOMAINにログイン
  • 管理ドメイン一覧から操作するドメインを検索
  • 操作するドメイン名の列の[NS]ボタンをクリック
  • ネームサーバー情報を上書きし、ネームサーバー変更をクリック

ネームサーバー情報の変更は数十秒程度で完了致します。

それでも状況が改善されない場合は?

ご利用の接続環境に古いDNSキャッシュが残っている事が考えられます。
ネームサーバー情報変更前にアクセスを行うと、ご利用の接続環境にDNSキャッシュが残ってしまいます。
その為、ネームサーバー変更後もキャッシュの有効期限が切れるまでは古いサーバーにアクセスしてしまう状況となります。

このキャッシュにつきましては、
ネームサーバーで設定されているTTL(キャッシュ有効期限)に基づいて最新の情報に更新されます。
変更前のネームサーバーにて、設定していたTTLは24時間となりますので、
古いDNSキャッシュが残っている環境でも、基本的には24時間以内に新しいサーバーにアクセスできるようになります。

ただ、キャッシュ有効期限が、
受信側(主にプロバイダ)にてその通りに守られない場合もありまして、
一般的にはDNSの浸透に最大3日掛かる、などと言われたりしております。

いずれに致しましても、
古いDNSキャッシュが残っていない環境の方が多いと推測されますので、
既に大半の環境では、サイトが閲覧できる物とお考えの上、進行頂ければと思います。

また、これらの状態につきましては、
中古ドメインに限らず、全てのドメインにて起こりうる問題でございます。

直ぐに表示を確認したいのであれば、別の接続環境・・・携帯、別回線、プロキシサーバーなどでアクセスを試みましょう。

 

現在表示されているページをドメイン使用まで表示しておきたい。

現在表示されている仮設置のページの維持についてですが、
ご購入後にネームサーバー情報をそのまま維持していただけましたら継続して表示がされ続けます。

しかしながら、可能な限り早めにコンテンツを設置頂いた方が健全です。

 

支払い方法は何がありますか?

銀行振込・PayPal決済(クレジットカード決済)となります。
対応している銀行は楽天銀行・ジャパンネット銀行となります。

PayPal決済にてお支払いただくとリアルタイムにてドメインが納品となります。

 

請求書・領収書を発行していただけますか?

【請求書】
ご注文案内のメール、または[ユーザーページ]の[注文履歴]よりダウンロードして頂けます。

【領収書】
カードの明細・銀行振込の明細で領収書の替えとなりますが、
会計の都合上必要である場合の為に、電子領収書(PDF)を発行させて頂いております。

納品完了後のメール、または[ユーザーページ]の[注文履歴]よりダウンロードして頂けます。

電子領収書に付き、印紙代は非課税となっております。
(受取人が印刷した場合でも、コピー扱いとなり非課税となります。)

 

複数に分かれた注文を合算する事は出来ますか?

はい、合算は可能です。
ユーザーページより、未決済のご注文全てを合算する事が出来ます。

また、合算により購入ドメインが10件以上となった場合も値引きの対象となります。

ご注文数が2件以下で、合算しても10ドメイン以上とならない場合はそのまま合計金額をお支払いいただいても問題ございません。

 

注文をキャンセルする事は出来ますか?

キャンセルをする場合は早期にご連絡いただきますようお願いいたします。
中古ドメインは各1品限りですので、注文が入りますと他のお客様の購入機会を損なう事となります。

 

中古ドメインを返品する事は出来ますか?

大変申し訳ございませんが、商品の性質上、基本的に返品はお受け致しておりません。
購入後にページランクが減少した、バックリンク数が減少した、カテゴリ登録が削除されたといったドメインの状況が変化した場合でも、返品の対象とはなりません。
これらの情報は常に変動する可能性があり、ご購入前にこの点に関するリスクはご承諾いただきますようお願いいたします。

警告ドメインの返品について
予め定められている返品条件に一致したドメインはご返品可能でございます。
返品申請の手続き方法は『ユーザーページ』の『警告ドメインの返品申請』の項目よりご確認下さい。

 

ドメイン名の非公開を解除する事はできますか?

ユーザー登録(無料)を行っていただく事で、Googleページランク4までのドメインが閲覧可能になります。
それ以上の開示につきましては、初回のお取引完了後に全公開設定となります。

事前にお問い合わせ頂ければ、お取引実績が無くても開示する事は可能でございます。

 

購入制限ってなんですか?

供給に対して需要が多すぎる時、大口の購入により多くのユーザー様にドメインが行き渡らない状態を緩和する目的で導入とした機能です。
購入数量に上限を設ける事により、買う事が出来ない状況を緩和しています。

制限適応時には、お知らせにて告知致しておりますので、ご購入前にご確認下さいますようお願い致します。

 

更新費用はいくら掛かりますか?

弊社で販売しているドメインの管理レジストラは[VALUE-DOMAIN]もしくは[ULTRA-DOMAIN]となります。
従いまして、現在残っている有効期限が切れる前に更新手続きを行う必要がございます。

ドメイン更新費用の目安は1,250円~1,620円/年となります。
※上位レジストラにより異なる。上記価格は一般的なgTLD(com/net/org/info/biz)の更新価格となります。

その他ccTLDの価格など、
詳細は各レジストラの価格表をご確認くださいますようお願い致します。

VALUE-DOMAIN 更新価格
https://www.value-domain.com/domlist.php

ULTRA-DOMAIN 更新価格
https://www.ultra-domain.jp/pricelist.php

 

アカウント削除はできますか?

削除可能でございます。
『ユーザーページ』『アカウント削除』の項目よりお手続きを開始頂けます。

 

中国語ドメインが敬遠されている理由は?

質の低い中国語ドメインが大量に出回っている事が原因ではないでしょうか。
隠しリンク、コメントスパム、過度なリンクファームにより構成されたドメインが多いので、総合的に見てリスクが強いと見なされているのかと思います。

弊社でも、中国語ドメインの取り扱いは通常より多くのチェックが必要となる為、敬遠しがちではあります。
ただ、まったくもって取り扱っていないわけではありませんので、宜しければお試し下さい。

なお、逆にリスクを避けたい場合はデフォルトフィルタで中国語ドメインを非表示にする事が可能です。
デフォルトフィルタの設定は『ユーザーページ』『デフォルトフィルタ』の項目よりどうぞ

 

販売価格はどのように決定されているのでしょうか?

表示している指標、全てを使って計算しています。
GoogleページランクRPRでベース価格と、ベース比率を出した後に様々な要素で金額を増減させています。

基本的にはSEO的な価値を金額に反映させるように致しておりますが、
必ずしも高いドメイン=SEO効果が高い、と言うわけではありません。

 

購入したドメインが他人に使用されているようです。

ネームサーバー情報を変更し、レンタルサーバーにドメインを登録しようとした所、
既に登録済みのドメイン名と言った表示がされて登録する事が出来ない。
かつ、URLにアクセスすると身に覚えのないウェブサイトが表示されているケースに関する回答を致します。

これはドメインの前ドメインオーナーが、お客様が設定しようとしたレンタルサーバーを使用しており、
かつ、ドメイン設定およびサーバーデータが残っている場合、
ネームサーバー情報を変更したことにより、サーバー上のデータと結び付いてしまい、
前ドメインオーナーのウェブサイトが表示されてしまっている状態です。

解決方法
レンタルサーバー会社に連絡し、ドメイン設定を削除してもらう。(基本的にドメイン所有者の確認等の手続きが必要)
もしくは、他のレンタルサーバーをご使用下さい。(手間も掛からずお勧めです。)

 

ドメインを移管する事ができません。

ドメインのレジストラ移管を行うには様々な条件がございます。

  • 有効期限が切れている場合
  • 有効期限が14日以内に切れる場合
  • ドメイン登録・移管を行ってから60日が経過していない場合
    ×弊社購入60日 ○ドメイン登録60日
  • 移管元レジストラが移管を認めていない場合

以上が移管失敗する場合の主な原因となります。

当サイトご利用のお客様が最も多く引っかかる原因は、3番目の60日未満ルールとなります。
当サイトで取り扱うドメインは取得60日未満の物が多い為、購入直後にレジストラ移管が行えない場合が多いのでご注意下さい。

よくある勘違い
ドメインを使用するレンタルサーバー会社にドメインを移管しなければ、そのサーバーでドメインを使用できないと誤解されている方が多いです。
「レンタルサーバー会社」と「ドメインを管理するレジストラ」は異なる会社でも問題ございません。
ドメインはVALUE-DOMAINで管理し、サーバーは「さくらインターネット」「Xserver」「CoreServer」など。ご自由にご選択頂けます。
他社で管理しているドメインの設定方法に関しては、レンタルサーバー各社のマニュアルをご確認下さい。

 

自身で調べたドメイン情報と掲載情報が異なっています。

当サイトに掲載されているドメインデータは、基本的に14日周期で更新が行われます。
データ取得日はドメイン名の詳細ページにてご確認頂けます。

ご自身でお調べになられた情報と、当サイトに掲載されているデータが異なる場合、
主な原因と致しましては、調べ方を間違われているか、情報ソースが異なるケースとなります。

バックリンク関連
当サイトのデータはAhrefsのデータを主とし、OSE/MajesticSEO等のリンク解析サービスに加え、リファラURLなど。8件の情報ソースを元にしております。
その為、上記に挙げたリンク解析サービス単体で調べた場合よりも多く認識している場合がございます。

Googleページランク関連
www込み、www無しで異なる場合があります。両方のURLでお調べ下さい。
wwwの有無でページランクが異なる状態は「ページランクの不整合」とし、販売時でもご確認頂ける状態としております。

その他
システムの不具合により、異なるデータが表示されている場合は「お問い合わせ」よりご報告下さい。

 

ネームサーバー/WHOISが変更できません。

レジストラ(VALUE-DOMAIN/ULTRA-DOMAIN)の問題となります。
一時的な問題である事が多いです。
何度か試行し、変更する事が出来ない場合は数時間時間を空けて再度試してみましょう。

それでも解決しない場合は、各レジストラにお問い合わせ下さい。

 
初めてご利用の方へ カテゴリ一覧 ドメイン検索
記事作成・サグーワークスに依頼
在庫数量

   販売中: 3683 (UD=413)
 プレミアム: 63
オークション: 0
    抽選: 0
    値引: 1

 
過去7日以内の追加ドメインはこちら
カテゴリ一覧
セレクトロボはこちら
プレミアムドメイン名はこちら
アクティブユーザー

1

 
記事外注・Shinobiライティングに依頼